パニック障害って甘えなの?逃げていると言われた経験ない?

パニック障害はメンタルが弱いあなたの甘えなの?

パニック障害は、精神的な症状と捉えられがちです。心療内科に行ったら病気って言われちゃいますしね。

ただの症状なのに、医者はとにかく名前をつけたがる。
◯◯症候群とかつけて、病気ではないのに。この事実を知らないことが多いんですよね。

あと、そんな風になるのは、メンタルが弱いからなるんじゃない?と。
でも、それだけが本当に原因なんでしょうか?

芸能人や有名人の方でも、よく聞きますよね。あんなに公の場で活躍している人もなるんです。例えば、堂本剛さんや円広志さん、長嶋一茂さんなどなど。

一般人より、よっぽど修羅場くぐりぬけてますよ。それでもなる時はなるんだから、メンタル的なことだけが原因ではないですよね。

ありもしないことを言う人の意見はスルーする

家族や仕事場の人に、

「元気そうにしてるけど」
「考えすぎやって」
「なんで休んでるん」

こんな風に言われた経験ないですか?
これは経験者にしかわからないこと。

パニック障害の症状は、調子がいいときは特に問題なく過ごせている

問題が出てくるときっていうのは、ある特定の場面や、人と多く会ったときなので、周りの人から見ると、そんなにしんどそうに見えないのかもしれません。

これは、経験者にしかわからないことですね。ちゃんと理解してくれる人が1人でもいれば、とても救われるんですが。

だから、そういう人がいたとしたら、完全スルーしてください。その場から離れてください。

誰になんと言われようと知ったこっちゃないです。あなたの大切な人生なんですから。
自分を信じたこと信じた通りにやってみてください。

自律神経失調症・パニック障害を克服した方法が”本”になりました。

あなたは、現在、自律神経の不調で困っていませんか?健康なカラダを保つためには、健康なカラダを保つ生活習慣が大切です。

でも、「日々の生活に追われてなかなかできない…。」そんな方でも、自分で簡単に健康なカラダを保つ生活習慣ができるように、その方法を本としてまとめました。

自律神経失調症・パニック障害を改善するためにセルフケアを自分でやってはいても、実際には間違ったことをしている方が多い、カラダとココロのケア方法。様々なセルフケア方法や考え方、病院に行く前から知っておくべきセルフケアの方法を具体的にまとめてあります。

これからもカラダの不調に制限されず、やりたいこと好きなことを叶えたい方は、今すぐ、下のボタンをタップして本を読んでみてください。

本の詳細はこちら

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

声が枯れる、声が出にくい。それは自律神経失調症かもしれません。

秋の花粉症の対策。その症状、自律神経の乱れが原因かも!?

自律神経と赤面症との関係。自律神経を整えて赤面しない方法とは?

自律神経失調症で寒い。寒いと自律神経が乱れるの?

足がむずむずする。その症状、自律神経の乱れが原因かも?

パニック障害の発作でバスで吐き気が出てツライときの対処法