パニック障害で結婚式が不安。結婚式披露宴での具体的3つの対処法

パニック障害で結婚式に行くことになった。でも、不安で行くかどうか迷っている。
出席するかどうか、出席したときの対処法はどうするの…?

そんなパニック障害でお困りの方の疑問にパニック障害を経験し、そして克服した経緯がある僕がお答えします。

✔記事の内容

・パニック障害を理解する
・結婚式に行かなくてもいい。という考え方
・結婚式に出席するときの対処法

僕も実際にパニック障害を約8年前に経験しましたが、それから、運転免許の取得、新しい仕事をはじめた、新幹線や飛行機で移動できた、結婚式にも何度も参加した、好きなこともできている。

他にも、やりたいことは叶えることができています。もちろん、全く不安がないとは言いません。

でも、ご紹介していく方法をとることで、不安は場面も乗り切ることができるようになります。

パニック障害を理解する

パニック障害は、結婚式や結構披露宴など逃げられないような場面や閉鎖的な状況になったとき、急な息苦しさ、吐き気、動悸、冷や汗などが襲ってくる状態をいいます。

一度、パニック障害を経験すると不安が脳に焼きついて離れにくくなり、「またしんどくなるんじゃないか…」という予期不安に悩まされます。

パニック障害は、自律神経失調症の1つで、自律神経が乱れていることで起こります。

※自律神経とは、車でいうアクセルの役割を持つ交感神経とブレーキの役割を持つ副交感神経によりバランスを取ってなりたっています。自律神経失調症は、交感神経と副交感神経が、何らかの原因で誤作動を起こしている状態をいいます。

いろんな選択肢がありますので、直前まで悩んでもいいので、自分の気持ちに正直に決めましょうね。ムリは禁物ですよ。

結婚式に行かなくてもいい。という考え方

まず、1つの決断の仕方があります。
それは、「結婚式に行かない」という選択肢。

結婚式は、絶対に行かないとダメだと思っている方も多いんじゃないでしょうか。特に、親友とか親戚とかになると。。。

でも、それだけが祝福するということの礼儀の方法なんでしょうか。
別に、行かなくても、あとで時間をその人にとってもらって祝えばいいんです。

「他人は、自分が思っている以上に、何も気にしてない」

この考え方を覚えておいてくださいね。
ちょっとさみしいけど、実際は人って日常に追われて、そんなに気にしてないんですよね。(苦笑)

結婚式に出席するときの3つの対処法

次は、結婚式に参加するという選択肢。
勇気をもって結婚式に参加する場合は、3つの対処法があるので、それを実践してみましょう。

徹底した事前準備

緊張する場面では、事前の準備がポイントです。「やりすぎだよ。考えすぎだよ。」ち言われるぐらいで丁度いいので、今考えられる不安は事前に消しておきましょう。

ネットで結婚式会場のマップを確認する

結婚式に行く前に、会場の雰囲気をつかむために、ネットで会場のトイレの場所や設備を確認しておくこと。

最近の結婚式や披露宴会場は、堅苦しくなく途中退席がラフにできるようにスタッフさんが沢山いてサポートしてくれますので、思ってる以上に堅苦しくないですね。

飲みものと頓服薬を常備しておく

女性の場合は、小さなカバンになるかもしれないですが、小さめの飲み物は入ると思いますので、この2つは念のため用意しておきましょう。

クスリは飲むことが目的ではなく、「もし何かあったときに飲めばいい」ぐらいの感じでいれば大丈夫です。

イメージトレーニング

結婚式や披露宴は、何ヶ月も前からやることは分かっているので、「結婚式に行って楽しめている」というイメージを何度も何度も繰り返します。

具体的な方法は、

  1. 最高のリラックス状態をつくり、
  2. できた!という結果をイメージし、
  3. 毎日繰り返す

これは、寝たまんまヨガというアプリを使うといいでしょう。

寝たまんまヨガ 簡単瞑想

また、10分ほど瞑想をしてからできた!という結果をイメージしましょう。

マインドフルネス

ポイントは、結果をイメージするということ。イメージの部分で不安になってる自分や途中でしんどくなってるイメージをしてしまうと、脳にそのイメージが入ってしまいます。

  • 結婚式が無事に楽しめて帰ってるイメージ
  • 結婚式が乗り切れてよかったーっと家に着いたときのイメージ
  • 結婚式や披露宴を楽しめてるイメージ

こんなイメージができれば、脳は現実とイメージの区別がつかないので、実際に行っても不安が少なくなりますよ。

結婚式や披露宴スタッフに相談しておく

結婚式や披露宴では、スタッフの方がたくさんいて色々サポートしてくれます。

結婚式は、体調不良になる方もいるので、先にこうなったときは、どうしたらいいですか?と聞いておきましょう。

今後そのスタッフさんには、会わないと思うので、他人の目は気にせず聞いちゃいましょう。

温めてリラックスする

これは普段からすることで、温めることで自律神経を整える習慣をつくりましょう。自律神経は、呼吸が浅くなったり、身体が無意識に緊張する状態になっています。その緊張を緩和するには、温めることです。

まず、1つ目はあずきのチカラを使うことです。このあずきのチカラは、電子レンジでチンして使えるので、直接温めるのには便利です。

2つ目は、お風呂で浸かって血行を改善し、自律神経を整える方法です。

お風呂の湯船に浸かることを、効果的なものにするために、入浴剤を入れることをおすすめします。その方が温まりやすく、温まった状態が持続しやすくなりますからね。

まとめ

パニック障害で、結婚式や披露宴に参加するのは、とても勇気がいることです。
でも、必ず乗り越えられるものだと思っています。

今のあなたの最善を尽くせばいいので、断るのも1つの方法ですし、参加するのも1つの方法です。

どんな選択肢をとっても、必ず前に進むきっかけとなりますので、大丈夫です。
僕の経験が少しでも参考になれば幸いです。

≫僕がおすすめする温めグッズ3選

自律神経失調症・パニック障害を克服した方法が”本”になりました。

あなたは、現在、自律神経の不調で困っていませんか?健康なカラダを保つためには、健康なカラダを保つ生活習慣が大切です。

でも、「日々の生活に追われてなかなかできない…。」そんな方でも、自分で簡単に健康なカラダを保つ生活習慣ができるように、その方法を本としてまとめました。

自律神経失調症・パニック障害を改善するためにセルフケアを自分でやってはいても、実際には間違ったことをしている方が多い、カラダとココロのケア方法。様々なセルフケア方法や考え方、病院に行く前から知っておくべきセルフケアの方法を具体的にまとめてあります。

これからもカラダの不調に制限されず、やりたいこと好きなことを叶えたい方は、今すぐ、下のボタンをタップして本を読んでみてください。

本の詳細はこちら

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

パニック障害でも新幹線が乗れるようになる!

パニック障害で電車に乗れない。経験者が語る効果的な対処法とは?

パニック障害の方の美容院への行き方と、美容院での対処法とは?

パニック障害でも高速道路を走ることができますよ。

仕事のミスが増えている。実は不安障害が原因かもしれません。

パニック障害とソラナックスの付き合い方。依存はしないの?