パニック障害で電車に乗れない。経験者が語る効果的な対処法とは?

「電車に乗るのが不安。」
って、そんなの大丈夫だろって思っている方も多いと思います。

僕も自律神経失調状態(パニック障害)になるまでは、思っていました。
でもそれが本当に辛いんです。(泣)

なかなか良くならないし、人生あきらめそうになるくらいのしんどさです。
特に、遊ぶことも楽しめなくなるのが、一番つらいですよね。

この記事では、パニック障害でも電車に乗るための方法や考え方をご紹介しています。

パニック障害と予期不安とは?

パニック障害という症状は、自律神経失調状態(パニック障害)になった方にほぼ共通して感じる不安で、どうしようもない気持ちになります。

過呼吸やめまいなど、しんどくなってしまうんじゃないかという不安が抑えきれなくなるんですね。
これを、「予期不安」といいます。

この予期不安は一度感じると、なかなか不安感から抜け出せなくなってしまいます。
実際にしんどくなるんじゃないかと思うことによって、本当にしんどくなってしまうんですね。

電車に乗る具体的な手順

この場合は段階を踏んで、少しずつ慣れていきましょう。

たとえば、

  • まず駅の前までいく。
  • 次に、駅のホームまで行ってみる。
  • 次に各駅停車で1駅乗るなどです。

最終的に急行などに乗れるようになればOKです。
焦って初めから急行に乗ろうとすると、発作をおこしてしまいますので、絶対に焦らないようにしましょう。

そして、乗れない日もあれば、乗れる日もあるというような感じで、やっていってみてください。
この焦りがとれれば、コツがつかめてきた証拠なので、少しずつ続けてください。

気持ちの持ち方

あとは、「しんどくなってもいいじゃないか」という開き直りの気持ちです。
電車に乗っている時は、いつも唱えておいてください。

これだけでも、安心感が全然違います。

この気持ちがさらに持てるようになれば、改善に向かっていきます。
少しずつで良いので、あきらめずやっていきましょう。
僕もそのようにして良くなっていったんですから大丈夫です。

少しでも僕の経験が参考になれば幸いです。

自律神経失調症・パニック障害を克服した方法が”本”になりました。

あなたは、現在、自律神経の不調で困っていませんか?健康なカラダを保つためには、健康なカラダを保つ生活習慣が大切です。

でも、「日々の生活に追われてなかなかできない…。」そんな方でも、自分で簡単に健康なカラダを保つ生活習慣ができるように、その方法を本としてまとめました。

自律神経失調症・パニック障害を改善するためにセルフケアを自分でやってはいても、実際には間違ったことをしている方が多い、カラダとココロのケア方法。様々なセルフケア方法や考え方、病院に行く前から知っておくべきセルフケアの方法を具体的にまとめてあります。

これからもカラダの不調に制限されず、やりたいこと好きなことを叶えたい方は、今すぐ、下のボタンをタップして本を読んでみてください。

本の詳細はこちら

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

頭がボーッとしてのぼせている。実は自律神経失調症かもしれませんよ。

パニック障害でも高速道路を走ることができますよ。

自律神経を整える塗り絵がおすすめ!自律神経失調症でも塗り絵をするとリラックスでき...

足がむずむずする。その症状、自律神経の乱れが原因かも?

キンプリの岩橋玄樹さんがパニック障害の治療のため活動休止

パニック障害で歯医者が不安。経験者にしか知らない対処法とは?