不安神経症をうまく乗り切る方法とは?

動画・音声で見たい方はこちら

不安神経症とは?

不安神経症とは、不安障害とも言われ、何らかの原因によって生じる心身の機能障害の総称をいいます。

精神病ではないので、誤解しないようにしましょう。

不安神経症の症状とは?

不安神経症は、

  • パニック障害
  • 社会不安障害
  • 強迫性障害
  • 解離性障害
  • 身体表現性障害
  • 離人性障害など

にタイプが分けられます。
不安障害といっても、原因は様々で、病院でどのように診断されるかによっても変わってくるようです。

あくまでも、症状を分けて、混乱をさけるために行っているものなので、「自分は病気なんだ…」「障害なんだ…」と思う必要は全くありません。

社会不安障害と診断された場合でも、パニック障害と同じような不調を感じることがあります。どんな不調を感じるか、どんな場面に不安を感じるかは、人それぞれなので、気にする必要なないでしょう。

不安神経症が起こる原因

不安神経症が起こる原因として、よく言われるのが精神的なもの、性格的なものです。

ですが、それだけでこのような障害が起こるとは考えられません。
なぜなら、実際に症状としてカラダに出ることが多いからです。

つまり、「精神的なケア」と「身体的なケア」が重要になります。
誰でも、睡眠不足や過度の疲労が蓄積したりすれば、精神的にも追い詰められると思いませんか?

不安神経症を改善する順序としては、【身体面のケア→精神面のケア】です。

不安神経症の日常での3つの工夫

不安神経を克服して、やりたいことを叶えていくためには、ちょっとした日常の工夫が大切です。

深呼吸をする

深呼吸の方法は、

  • 息を吐くことに意識をもって、
  • 鼻から息を3秒かけて吸い、
  • 口から6秒かけて吐く。

ただ、これを繰り返すだけ。
はじめは苦しく感じたりするのですが、それは呼吸が浅いからそうなるだけ。

練習を繰り返せば、楽にできるようになるので、毎日5分〜15分くらい時間を作ってトライしてくださいね!

力を抜く

これも深呼吸と一緒に行ってもいいし、日常に溶け込ませることができればいいですね!

不安神経の方は、無意識に力が入るようになっています。だから、首や肩がこったり、アゴが痛くなったりするわけです。

方法としては、

  • 逆に1回ぐーっと肩に力を入れて、
  • パッと力を抜く

これを繰り返せば、身体の力は抜けていきます。「力を抜こう抜こう」てしても、なかなか抜けないものです。

だから、逆に力を入れてから抜くんです。そうすると、力が抜けてフッと楽になりますよ!

イメージトレーニング

ここで言うイメージトレーニングとは、「できた!」という結果をイメージする練習です。

心理療法でもこのようなトレーニングを繰り返し行って、不安に感じる事柄を少なくしていきます。

「脳は現実とイメージの区別がつきません」

だから、イメージできたことというのは、実際にやってみてもできるのです。
逆にイメージしているときに、動悸が怒ったり、不安が出てきたりすると、実際にやってもそうなりやすいんです。

これが分かっていれば、実際にやってみなくても、「不安が出るかどうかはある程度わかる」ので、目安になっていいですよ!

簡単にできるアプリがあるので、ぜひ試してみてください。

寝たまんまヨガ 簡単瞑想

家族や周囲の方の接し方

不安神経症の方の家族は、とても不安でいっぱいだと思います。
でも、あせらないでくださいね。

家族や周囲の方まで不安になると、それが伝わって余計に不安になってしまいます。だから、できるだけ普通に笑顔に接するのが1番かと思います。

「1人が幸せになれば、みんな幸せになる。それが連鎖するもの」

この言葉を忘れないようにしてくださいね。

まとめ

不安神経を乗り切るためには、1人で闘ってはダメです。
ダメというか、誰かに助けてもらう、もらえることを知ることが大切です。

不安神経になりやすい方は、すごく能力が高くてなんでもできてしまいがちです。

だから、こういう時だからこそ、家族や周囲の方の力を借りて、回復してから恩返しでもできればいいじゃないですか。

そう楽に考えてみてくださいね。
僕の経験が少しでも参考になれば幸いです。

自律神経失調症・パニック障害を克服した方法が”本”になりました。

あなたは、現在、自律神経の不調で困っていませんか?健康なカラダを保つためには、健康なカラダを保つ生活習慣が大切です。

でも、「日々の生活に追われてなかなかできない…。」そんな方でも、自分で簡単に健康なカラダを保つ生活習慣ができるように、その方法を本としてまとめました。

自律神経失調症・パニック障害を改善するためにセルフケアを自分でやってはいても、実際には間違ったことをしている方が多い、カラダとココロのケア方法。様々なセルフケア方法や考え方、病院に行く前から知っておくべきセルフケアの方法を具体的にまとめてあります。

これからもカラダの不調に制限されず、やりたいこと好きなことを叶えたい方は、今すぐ、下のボタンをタップして本を読んでみてください。

本の詳細はこちら

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

パニック障害って甘えなの?逃げていると言われた経験ない?

パニック障害の発作でバスで吐き気が出てツライときの対処法

パニック障害でも特急に乗れます。経験者にしか分からない対処法

パニック障害でも新幹線が乗れるようになる!

パニック障害で歯医者が不安。経験者にしか知らない対処法とは?

パニック障害だけどバイトしたい。パニック障害の方におすすめの仕事とは?