座ることを拒否する椅子を見て思ったこと。

座ることを拒否する椅子を見て思ったこと。

この岡本太郎さんの作品を見て、「なんて自分って枠に囚われて生きているんだろう?」って思いました。
もっと、自由に自分よがりで生きたらいいじゃないか、と。
そう思いました。

ぼくは、「〜ねばならない。」「〜しないと。」とかそういう固定観念で、無意識に考えるクセがあります。
そうなると、意識して注意してないと、イライラ感情的になったり、自分のストレスレベルを高めてしまうくせがあります。

これは、小学4年生ぐらいのときから感じていることで、そのときは、「なんで、こんなイライラして、キレてしまうんだろう?」と思っていました。
今は、この原因がよくわかります。
先ほどお話したように、固定観念=エゴにとらわれて、感情のコントロールがヘタだったんです。

でも、これは自分で言うのもなんですが、性格的な問題ではないんです。
ただ、感情のコントロールがヘタなだけなんです。
だから、そこを訓練していけば、必ず感情のコントロールができるようになるんです。
あなたも、同じような悩みがあるなら、次の方法を試してください。

方法は至って簡単です。

「何か1つ行動したら、5回深呼吸をする」

です。

深呼吸は、メンタルと密接に関連しています。
深呼吸を意識的にしている方って、なかなかいませんよね?
だから、生活の中に染み込ませるように、何か仕事を1つしたら、深呼吸をする、また仕事をしたら、深呼吸をする、という感じです。

まず、これだけで良いので毎日、試してみてください。

今は、世間的にもネガティブな情報が多いです。
そんなときこそ、このようなメンタルコントロール方法の力を発揮するときです。

今日も、「T-FARM」へ来てくれてありがとうございます。
また、リアルでお会いしましょう。

自律神経失調症・パニック障害を克服した方法が”本”になりました。

あなたは、現在、自律神経の不調で困っていませんか?健康なカラダを保つためには、健康なカラダを保つ生活習慣が大切です。

でも、「日々の生活に追われてなかなかできない…。」そんな方でも、自分で簡単に健康なカラダを保つ生活習慣ができるように、その方法を本としてまとめました。

自律神経失調症・パニック障害を改善するためにセルフケアを自分でやってはいても、実際には間違ったことをしている方が多い、カラダとココロのケア方法。様々なセルフケア方法や考え方、病院に行く前から知っておくべきセルフケアの方法を具体的にまとめてあります。

これからもカラダの不調に制限されず、やりたいこと好きなことを叶えたい方は、今すぐ、下のボタンをタップして本を読んでみてください。

本の詳細はこちら

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

知識は古くなる。

ご紹介します。DOGカメラマンのお仕事に感動。

現代の健康の定義とは?

古くなってこそかわいい

佰食屋の話【売上を、減らそう。たどりついたのは業績至上主義からの解放】

はじめての散髪。