自信は自分でコントロールできる

今回は、自信は自分でコントロールできるという話をしたいと思います。

「○○があるから自信がある」という人っているんだろうか?
ぼくは、まず自信はまったくないが、「自信がありそう」にして患者さん(ぼくは整体院を一人で、運営している)と接している。
これは、患者さんに不安を抱いてほしくないし、自信がない先生なんてイヤですよね。

「この症状って、良くなりますか?」

って聞かれたとしても、即答で「大丈夫です!」と伝える。
もちろん、身体の検査をした結果からでてきたコトバだが、「ん〜、どうでしょうね。よくなると思いますよ。」「歳のせいですね。」とか言われたら、どれだけ不安になるか。

こんなこと言う先生がいたら、本気で腹が立つ。
ぼくは、実際にそういうことを言われたことがあって、本当にイヤな気持ちになった。
こういう先生は、どれだけ言葉にすごい力があるかわかってないんだろう。

科学的根拠なんてないが、言葉で人の身体や心って、劇的によくなることがあるんですよね。

その例でいうと、たまにあるのが、今まで痛みで困っていてぼくが話を聞いて、検査する段階になると、「いつも痛いのに痛くないです!なんででしょうか?」ってことになる。

これは、たぶん「安心」することができて、あかるい未来が見えてきたからだと思います。
ぼくがすごいとかいう話じゃなくて、それだけ言葉の力ってあるものなんです。

最近、感激したのが、子どもがノロウイルスから風邪をこじらせて、なかなか食事も取りたがらないし、元気がなく、それが1週間以上続いてたので、小児科の病院へ行きました。

その先生は、時系列で細かく状況を理解して、こういう治療しましょう。ということをしっかり目を見て話してくれました。

これだとまだある話ですが、その先生は、ぼくら親に対して「不安な気持ちあると思いますけど、今はマラソンでいうと38キロくらいまできてて、あとちょっとのとこなんですよ。」と、症状だけでなく、精神面でのケアをコトバでしてくださいました。

今どき、こんな病院の先生がいるんだ(泣)と感激しました。
病院の先生は話を聞いてくれない。みたいな話をよく聞くので、あくまでぼくの偏見ですが、こうやって世の中には、こういう先生もいるんだなぁと、安心しました。

子どもも順調に回復し、「まんま、まんま」とご飯をいっぱい食べれるようになりました(笑)

つまり、自信とは、自信があるように見せること(姿勢・目力・声の大きさなど)、あかるい未来が創造できる言葉を使うことだと思います。

もし、自分に自信がないと思ってる人がいたら、自信ありそうにしてみてください。
すると、それだけで大きな変化がありますよ。
ぜひ、お試しを。

今日も「T-FARM」へ来てくれてありがとうございます。
また、リアルでお会いしましょう。

自律神経失調症・パニック障害を克服した方法が”本”になりました。

あなたは、現在、自律神経の不調で困っていませんか?健康なカラダを保つためには、健康なカラダを保つ生活習慣が大切です。

でも、「日々の生活に追われてなかなかできない…。」そんな方でも、自分で簡単に健康なカラダを保つ生活習慣ができるように、その方法を本としてまとめました。

自律神経失調症・パニック障害を改善するためにセルフケアを自分でやってはいても、実際には間違ったことをしている方が多い、カラダとココロのケア方法。様々なセルフケア方法や考え方、病院に行く前から知っておくべきセルフケアの方法を具体的にまとめてあります。

これからもカラダの不調に制限されず、やりたいこと好きなことを叶えたい方は、今すぐ、下のボタンをタップして本を読んでみてください。

本の詳細はこちら

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

自分では気づいていない「欲」がある

イヤなことを経験したことで、今の自分があるという話。

近い人ほど細かく伝える必要性

小さな悩みを最大化する。

生まれたばかりの息子が、 イイ香りがする。男の子でも良い匂いするんだよ

気づかないうちに固定観念に誘導されている