花粉症を断つ!アレルギーに毎年苦しめられたぼくが実践した具体的な方法

花粉症を断つ!アレルギーに毎年苦しめられたぼくが実践した具体的な方法

ぼくは幼稚園のころから、アレルギーがある。

・目がかゆくなり、腫れる。
・鼻水がダラダラ流れる。
・鼻をかみすぎて皮膚がただれる。
・頭がぼーっとして集中できない。
・熱っぽくて、身体がだるい。

花粉症などのアレルギー症状は、きつくなるとホントツライんですよね。
花粉症を経験した人には、よくわかるはず。
もちろん、薬などを使うことでかなり症状は緩和されるので、薬もバカになりません。
ありがたいことです。

でも、一方で薬に頼りたくないという思いも誰もがあるのではないでしょうか?
そこで、薬以外の方法で、アレルギー症状が楽になった方法をお伝えします。
これは、ぼく個人のエビデンスしかありませんが、今までやってきた中では、すごく良いです。

具体的には、以下の2つです。

・バーピー運動をする。


・発酵食品を食べ、腸内細菌の手助けをする。

バーピー運動は、部屋の中ならどこでもできますし、たった4分で良いので、手軽に続けることができますよ。
はじめはきつくて、4分もできませんが。

あと、食に関しては、お漬物(できれば自家製)や味噌汁などの発酵食品を積極的にとることで、腸内環境が整って、免疫力などが高まります。

実際、この方法を試してからは、風邪が引きにくくなりましたし、身体の調子もいいです!
ぜひ、お試しを。

今日も「T-FARM」へ来てくれてありがとうございます。
お漬物を食べすぎて、塩分とりすぎに注意します。

自律神経失調症・パニック障害を克服した方法が”本”になりました。

あなたは、現在、自律神経の不調で困っていませんか?健康なカラダを保つためには、健康なカラダを保つ生活習慣が大切です。

でも、「日々の生活に追われてなかなかできない…。」そんな方でも、自分で簡単に健康なカラダを保つ生活習慣ができるように、その方法を本としてまとめました。

自律神経失調症・パニック障害を改善するためにセルフケアを自分でやってはいても、実際には間違ったことをしている方が多い、カラダとココロのケア方法。様々なセルフケア方法や考え方、病院に行く前から知っておくべきセルフケアの方法を具体的にまとめてあります。

これからもカラダの不調に制限されず、やりたいこと好きなことを叶えたい方は、今すぐ、下のボタンをタップして本を読んでみてください。

本の詳細はこちら

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

キンプリの岩橋玄樹さんがパニック障害の治療のため活動休止

パニック障害で電車に乗れない。経験者が語る効果的な対処法とは?

足がむずむずする。その症状、自律神経の乱れが原因かも?

スーパーでの買い物が不安。パニック障害の方が気をつける3つのポイントと対処法まと...

簡単セルフケア!昼寝で自律神経を整える3つのポイント

パニック障害でも高速道路を走ることができますよ。