現代の健康の定義とは?

今回は、健康とは、「肉体」「精神」「社会」の3つの要素が充実していること。についての話です。

私自身、これまで兄弟の不登校、高校を辞めて通信制高校へ、宅建士をはじめ様々な資格取得、2回の転職活動、原因不明の不調により約2年間動けなくなるなどを通して、今は整体事業&フリーライターとして活動しています。
これまでの経験の中から実際に役立ったことなどを「自律」というテーマでご紹介します。

健康とは、「肉体」「精神」「社会」の3つの要素が充実していること、について、ホリエモンこと堀江貴文さんが、健康は「肉体」「精神」「社会」の3つの要素で決まる。
ということを本の中で書かれていました。

肉体や精神というのは、理解できますが、社会とは、一体なんでしょうか?

社会とは、トレーニングジムや好きなことでの人とのつながりのこと。
たとえば、会社を定年退職して、家にも外でも行き場所がなく、趣味もない。
こんな状況だと、どんどん老けていってしまうよね。っていう話です。

では、どうやったら、社会の充実度を高めることができるのてしょうか?

それは、いつもと違う行動をしてみること、だとぼくは思っています。
人はどうしてもできるだけ自分の命を守るために、本能的に安全な道を選びます。(ぼくも意識しないとそうなります。)
安全な道というのが、今の現状と同じ行動をとることです。
毎日、だいたい同じ時間に起きて、同じ食事をして、同じ経路で学校や職場に行って、仕事をして、同じ経路で帰って、食事をして、風呂入って寝る、みたいな感じです。
そっちの方が、リスク少ないと本能的に思ってるからです。

すごいチャレンジャーみたいな人は、毎日違う行動とってるんで、そこまで考えてもないんだと思いますが。

ぼくは、このことを意識するようになって、はじめたことは以下のようなことです。

・毎日サイトを更新する(アウトプット)
・外食に行ったら、食べたことないメニューを注文する
・朝食を変える

などです。

あなたも毎日同じ行動をしていると思うので、その中でも違う行動をとるようにすると、また違った世界が見えるかもしれませんよ。

今日も「T-FARM」に来てくれてありがとうございます。
また、リアルでお会いしましょう。

自律神経失調症・パニック障害を克服した方法が”本”になりました。

あなたは、現在、自律神経の不調で困っていませんか?健康なカラダを保つためには、健康なカラダを保つ生活習慣が大切です。

でも、「日々の生活に追われてなかなかできない…。」そんな方でも、自分で簡単に健康なカラダを保つ生活習慣ができるように、その方法を本としてまとめました。

自律神経失調症・パニック障害を改善するためにセルフケアを自分でやってはいても、実際には間違ったことをしている方が多い、カラダとココロのケア方法。様々なセルフケア方法や考え方、病院に行く前から知っておくべきセルフケアの方法を具体的にまとめてあります。

これからもカラダの不調に制限されず、やりたいこと好きなことを叶えたい方は、今すぐ、下のボタンをタップして本を読んでみてください。

本の詳細はこちら

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

母乳はもっと出るんだ!奥さんが奈良県助産師会「桶谷式」の施術を受けてきたよ!

生まれたばかりの息子が、 イイ香りがする。男の子でも良い匂いするんだよ

あなたも「ほぼ日刊イトイ新聞」を読んでみて!

時計をすることで時間が増えるカラクリ

好きな人と同じ「時」を過ごす方法とは?

自分では気づいていない「欲」がある