ポジティブかネガティブの差は体力。

ポジティブかネガティブの差は体力。

ホリエモンこと堀江貴文さんがYouTubeの中で話をされていたことです。


体調面で一喜一憂することが多いと、そのたびに、なにか良い方法はないのかと余計なINPUTが増えます。
でも、体力があって、体調面で一喜一憂することが少なければ、そういうことを考える必要もありません。

「病気になると、あとは良くなるしかない。病気=1番マイナスな状態」

確かにと思える内容でした。
思い出してほしいんですが、健康オタクな人ほど、健康じゃなかったりしますよね。
なにかにすがりたい気持ちはすごく分かるのですが、いろいろな方法に手を出して過ぎて、何が自分に合っているのかが、わからなくなっている感じです。

例えば、サプリメントでも、グルコサミンがいい!と聞くと、いっときだけ試してすぐやめてしまう。
でも、基本的に細胞は3ヶ月くらい(1番時間がかかる骨で)経たないと新しく入れ替わりません。(Wikipedia参照
だから、効果があるかないかというのを、データで取るのはむずかしいと思うんですよね。

サプリメントとるんだったら、温める方が効果が期待できますので、この入浴剤を試してみてください。
遠赤外線効果で身体の芯から温まる天然石入浴剤【イルコルポ ミネラルバスストーン】

じゃあ、どうすればネガティブな状況から抜け出すことがてきるのか?
分かりやすい有名な話では、金さん銀さんの話。
金さん銀さんは、タバコも吸うし、好きなものを食べるしで、サプリメント飲んでたかは分からないですが、「食べたいもの食べて」「やりたいことやって」たのしんでる。っていうのが、健康の秘訣だったんだと、ぼくは解釈しています。

つまり、気持ちの体力を高い状態で保ちつづけること。

  • あんまり考えすぎないこと。
  • 楽観的であること。

これが、なによりの健康の源だと思います。

もし、この記事を読んでる方で、いろんなことに手を出して過ぎてるなと感じたら、1つに絞って、あとは、体力つけていきましょう。

今日も、「T-FARM」に来てくれてありがとうございます。
また、リアルでお会いしましょう。

自律神経失調症・パニック障害を克服した方法が”本”になりました。

あなたは、現在、自律神経の不調で困っていませんか?健康なカラダを保つためには、健康なカラダを保つ生活習慣が大切です。

でも、「日々の生活に追われてなかなかできない…。」そんな方でも、自分で簡単に健康なカラダを保つ生活習慣ができるように、その方法を本としてまとめました。

自律神経失調症・パニック障害を改善するためにセルフケアを自分でやってはいても、実際には間違ったことをしている方が多い、カラダとココロのケア方法。様々なセルフケア方法や考え方、病院に行く前から知っておくべきセルフケアの方法を具体的にまとめてあります。

これからもカラダの不調に制限されず、やりたいこと好きなことを叶えたい方は、今すぐ、下のボタンをタップして本を読んでみてください。

本の詳細はこちら

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

座ることを拒否する椅子を見て思ったこと。

ほぼ日5年手帳を使いはじめてわかった3つのメリット

イヤなことを経験したことで、今の自分があるという話。

小さな悩みを最大化する。

世の中に正解はない。

古くなってこそかわいい