宅建士を取得するためのテキストは何がおすすめ?【初心者の方向け】

宅建士の資格を取得するには、どんなテキストがおすすめなのが知りたい。
また、就職活動や今後のキャリアアップにつなげたいと考えていて、できれば1回で合格したい!

資格試験って、何から手をつけたらいいかわからないですよね。
できれば効率的にやって合格したいのがホンネですよね。

このような悩みがある方には、最後まで読んでいただくと、希望が持てる内容になっていると思います。

私自身、これまで兄弟の不登校、高校を辞めて通信制高校へ、宅建士をはじめ様々な資格取得、2回の転職活動、原因不明の不調により約2年間動けなくなるなどを通して、今は整体事業&フリーライターとして活動しています。

その中でも、宅建士は1回で合格したこともあり、宅建士は内容を勉強方法がとても重要なので、その点をご紹介できればと思います。

では、実際に宅建士のテキストや勉強方法には、どんなものがあるか見ていきましょう。

宅建士試験を目指している方は、まず独学で勉強するか、学校で学ぶかを選択する必要があります。
まず独学で合格しようと考えているのなら、以下のテキストが良いとおすすめしたいところですが、私の経験からすると、独学より、学校で学んだ方が効率的に勉強をすすめることができると考えています。

宅地建物取引士の資格・検定 の 売れ筋ランキングのTOP3は以下のテキストです。

No.1:2020年度版 みんなが欲しかった! 宅建士の教科書

No.2:2020年版らくらく宅建塾

No.3:2020年度版 みんなが欲しかった! 宅建士の問題集 本試験論点別

ざっと、テキストや問題集はこのような感じですが、内容より大切なことがあります。
それは、どのような勉強方法をとるかです。
聞こえはわるいですが、テクニックです。  
テキストは、どれも内容は充実していますし、そこでは、他の受験生とは差が出ないでしょう。
だからこそ、勉強方法が大切なのです。

そして、その勉強方法については、合格者や宅建士を専門にしている学校(通信で十分)で、学ぶことが重要です。 

宅建士を目指している方は、仕事をしていたり、学校に通いながらなど時間にゆとりが少ない場合が多いです。
もちろん通学も良いですが、今ではスマホでいつでも勉強できるのが当たり前の時代なので、通信で十分です。

私が今からもう一度勉強するとしたら、必ず質問できる学校を選びます。
質問できないところでは、モヤモヤとした状態で勉強をすることになり、中途半端な理解で終わってしまいかねないです。
だから、通信制の学校の条件には、必ず「質問できる」というところを選ぶ様にしましょう。

私ならここを選びますね。

自律神経失調症・パニック障害を克服した方法が”本”になりました。

あなたは、現在、自律神経の不調で困っていませんか?健康なカラダを保つためには、健康なカラダを保つ生活習慣が大切です。

でも、「日々の生活に追われてなかなかできない…。」そんな方でも、自分で簡単に健康なカラダを保つ生活習慣ができるように、その方法を本としてまとめました。

自律神経失調症・パニック障害を改善するためにセルフケアを自分でやってはいても、実際には間違ったことをしている方が多い、カラダとココロのケア方法。様々なセルフケア方法や考え方、病院に行く前から知っておくべきセルフケアの方法を具体的にまとめてあります。

これからもカラダの不調に制限されず、やりたいこと好きなことを叶えたい方は、今すぐ、下のボタンをタップして本を読んでみてください。

本の詳細はこちら

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

宅建資格のメリット・デメリットとは?【将来への希望が持てます】

宅建士の平均年収や宅建取得して給料アップ!【女性でも稼げる】